青空と墓地

終活で家族にも自分にもピッタリな霊園を探しておきましょう

満足のいく霊園を探す時のポイント

現代の多様化するライフスタイルにおいて、家族や自分自身の供養をどうするか。今までの風習通りにやっていけるか、心配する人も多いでしょう。あと取りのいない家や、実家が遠く都市部にお住いの人、独身の方等、お寺の檀家に入るよりも霊園に供養を管理してもらう事をお勧めします。霊園は、個人のお墓の管理の負担が軽減されますし、檀家に入るよりも費用を安くして供養をする事ができます。
霊園を選ぶ時は、交通の便の良さ、永代供養の有無、管理費、普段の供養の詳細など、実際に契約するとどのような点が重要になってくるか、時間をかけて検討する方が、後により良い供養ができます。その中でも、立地を重要視するのが一番です。日頃、頻繁にお墓参りをするのが難しい人が霊園を契約する傾向にありますので、立地や交通の便が良い所がお参りに行きやすく、年をとってからも便利です。
自分以外に霊園を管理する者がいない、あるいは、霊園に入るのが自分が最後という人は、永代供養なのか、ある程度年数が経つと合祀になるのか、選ぶ段階から具体的に問い合わせる事も重要になってきます。

お参りする側と、お参りされる側(自分の亡き後の管理方法)両方の側面からイメージしてじっくりと検討していきましょう。

注目の記事

更新記事

満足のいく霊園を探す時のポイント

現代の多様化するライフスタイルにおいて、家族や自分自身の供養をどうするか。今までの風習通りにやっていけるか、心配する人も多いでしょう。あと取りのいない家や…

more

霊園墓地を選ぶときに気を付ける3つのポイント

最近、終活という言葉がよく聞かれます。人生の終わりのための活動として、亡くなってからではなく生前の間に色々準備をしておく作業のことを言います。この終活で気…

more

墓守がいないなら永代供養ができる霊園がおすすめ

高齢化社会となっている今、霊園のスタイルにも変化が起っています。高齢化や少子化が今後益々進むことが予想されるため、当然ながら墓守が居ない人が増加していくで…

more

失敗や後悔の無い霊園選びをしよう

必ず人に訪れる死。そして、その後は多くの人が霊園などのお墓に入ることになります。でも、霊園選びってなんだかわかりにくくて、つい億劫になってしまいますよね。…

more

新着情報リスト

このページのトップへ